重い赤ちゃんもらくらく抱っこ!育児が変わる正しい抱っこ紐の使い方♡

抱っこ

赤ちゃんもだんだん重くなってくると
助かるのが抱っこ紐!

お出かけに、寝かせつけに
買い物に、家事に欠かせません。

でもちょっと待って!?

正しいつけ方、知っていますか?

街で見かけるママさんたちの中には
う~~~~む・・つらくないのかな?

と思ってしまう使い方をしている人も(;^_^A


パパさん頑張っていますが^^
これは使い方が間違っています。
低すぎます。

 

赤ちゃんも
上を見上げる体勢になるので
首がつらそうですね。

この姿勢で眠ってしまうと
口がぽかんと開いてしまいますね・・
その姿勢が、歯並びやかみ合わせにも
影響することが示唆されています。

たかが抱っこ
されど抱っこ。

素手だっこする時を思い出してください。
きっと、もっと高い位置にだっこしますね。
自然とバランスをとるからです。

だっこ紐を使うときも、
おでこにキスできるくらいの高い位置に
抱っこしますよ。
安定感が違います!

 

ちょっとつけ方を変えるだけで、

・安定感があり、赤ちゃんが軽く感じる♥

・腰痛や肩こりの予防になる♥

・ママの産後の垂れたおなか、産後の尿漏れも予防できる♥

・赤ちゃんの股関節や脊椎、頸椎など健康を守ることができる♥

・風邪の引きにくい健康な子に♥

・ママのスタイルがよくなりますよ♥

いいことだらけの「正しい抱っこひもの使い方」

赤ちゃんを守り
自分も守ることができますよ~!(声高に言いたいww

正しく使えているかチェックしてみましょう♡
こちらをクリック↓↓↓

日本ベビーウェアリング協会発行のパンフレット