おくるみ巻いたらコテンと寝た!生まれたての赤ちゃんから使うと効果的なおくるみ♡

おくるみ
DSC_0086

赤ちゃんにとってのリラックスとは・・?

おくるみ講座に来てくださったママさん、
「こんなに包んじゃって大丈夫・・?」とびっくりされることが多いんですね。

苦しくない?
動けないよ・・

いのちより大切な赤ちゃんだもの、
心配されるお気持ち、わかります。

でも赤ちゃんは、大人の体とちょっと違う。

私たちがベッドに大の字になって
「はあ~リラックスできるわーー」とはならないのです。

赤ちゃんと大人では体の特徴が違う


赤ちゃんは子宮の中で丸まって育ちます。

そもそも、その姿勢がラクな骨格になっています。

骨が軟骨だらけだったり、骨盤がおなか側に傾いていたり。
背骨のS字カーブもまだありません。

つまり、背中を丸くして
骨盤が傾いているので、自然とひざを胸につけるような恰好になります。

そして股関節のはまりが浅くはずれやすい特徴があります。

股関節のつくり

股関節のつくり

だから生まれてしばらくは
子宮の中にいた時のように手足を縮めて丸くなった姿勢が
安心感をもたらすのです。

 

胎児のときの姿勢 MIRROR ONLINE
Photo by Marry Fermont

 

おくるみで手足を縮めた状態でぴったりとくるんであげると
まるで子宮のやわらかな壁の中にいた時のように体が安定して
赤ちゃんは落ち着くのです。

 

さて、

おくるみで巻いた赤ちゃんは、その場でコテン♡
そのままぐっすり寝てしまいました。

おくるみはいつまでやるの?

新生児期から数か月のあいだは役に立つおくるみ。
いつまで使ったらいいの?
という声もお聞きします。

特にきまりは無いんですよ♡
赤ちゃんも十人十色。

一般的には、妊娠第4期と呼ばれる生後数か月は
おくるみで巻いたり、ベビーラップでくるんで抱っこしたり
妊娠期のように過ごしたらいいと
海外ではそのように言われています。

そう考えると、3か月前後くらいが一つの目安になるのかなーと思っています

そんなおくるみの使い方や
新生児期のタッチケアをお伝えしている講座はこちら。
https://xn--q9jhcb2l.com/okurumitouchcare

 

7月はモニター価格で3名さまを募集中♪

対象: 生後1か月くらいまでの赤ちゃんとママ
マタニティの方もOKです♪
料金: モニター価格2000円(おくるみプレゼントはありません)
★SNSにシェアしてくださる方、お友達と一緒に来てくださる方は500円引きいたします♪

★妊娠後期や新生児のうちに子育ての支援者とつながれると
育児がスムーズにいくと言われていますよ。
その一助になれば幸いに思います。